当日までの流れ

結婚式を神社で行う神前式を選ぶ場合、どのような流れで当日を迎えることとなるでしょうか?ある程度流れを把握して、スムーズに計画をたてるようにしましょう。

まず、東京で神前式をする場合には、数ある神社の中から一つを選ぶ必要があります。自宅から遠すぎない(打ち合わせで何度か行く)、参列者が来やすい、予算、雰囲気…というように様々選ぶ基準があると思いますので、インターネットや情報誌などを活用して数ある東京の神社から自分に合った会場を探しましょう。
気になる神社が見つかれば問い合わせを行います。ホームページに専門のフォームがある場合にはメールで問い合わせることができます。細かいことを聞きたいという場合には電話で問い合わせても良いでしょう。
問い合わせを行い、打ち合わせできる日を相談します。打ち合わせでは、実際にどのようなプランがあるのか、自分の希望に沿った式ができるかということを話し合うことができます。希望のプランを話し、どのくらいの予算になるのか見積もりを出してもらいます。見積もりに納得できれば申し込みを行います。

申し込みを行った後は、実際に当日着用する衣装やかつらを合わせます。当日の細かいスケジュールも調節していきますので、個人差はありますがトータルで3回程度は実際に足を運んで打ち合わせを行います。最終確認は式の1週間前までに行ないます。
東京の各神社によって細かい点は異なりますが、大まかな流れはどこの会場でも変わりません。